棉100%のスマートドライ汗取りパッド付きを、前汗キャッチャーと比較

【セシール】スマートドライ汗取りパッド付きノースリーブ(さらっと気持ちいい綿100%シリーズ)

セシールのコマーシャルで話題の「前汗キャッチャー」と比較してみたくて、「スマートドライ汗取りパッド付きノースリーブ(さらっと気持ちいい綿100%シリーズ)」を選びました。
規定額内で好きなものをレビュー用に購入、後でセシールからキャッシュバックしてもらえるキャンペーンに当選したとき、この比較をしたいと思ったんですよ。だってセシールで「汗取りインナー」と検索すると、この両者が出てくるわけで、どこがちがうのか、どういう場合にどっちを選ぶべきか、気になるじゃないですか。

結論から言うと......

全体の快適性を望むなら、そしてフレンチ袖や、袖が透けていて、腋が目立つ服を上に着るなら「スマートドライ」。

汗をよくかき、ともかく「汗が絶対にしみでてくるのはいや!」なら「前汗キャッチャー」。

汗取りインナーもキャミソールタイプ、半袖タイプなど形も素材もいろいろあります。

◆◇◆ 目次 ◆◇◆

  1. わきの下のカバーの仕方がスマートドライと前汗キャッチャーではちがう
  2. 棉100%でサラっとの着心地のよさ

【セシール】スマートドライ汗取りパッド付きノースリーブ(さらっと気持ちいい綿100%シリーズ)を着た腋の下

わきの下のカバーの仕方がスマートドライと前汗キャッチャーではちがう

上の写真が「スマートドライ汗取りパッド付きノースリーブ(さらっと気持ちいい綿100%シリーズ)」、下の写真が「汗取りパッド付トップス(前汗キャッチャータイプ)」です。

見比べてみると、わきの下の見え方が全然ちがいますよね。

「スマートドライ汗取りパッド付きノースリーブ」は、着ても、わきが見えています。

着て暑い日に出かけたところ、わきにかいた汗が下に流れていったところで、汗取りパッドが汗を吸い取ってくれるという感じです。わたしは腋毛を脱毛してからはわき汗の量はさほどではなくなったので、別に洋服にしみだすことなく、問題ありませんでしたが、汗かきの人だと、上に着た洋服に汗じみが広がる可能性はあると思いました。

その代わり、フレンチ袖や袖が透けた服などでも、汗取りパッドが見えてしまうことはほとんどないでしょう。
汗取りパッドに防水布が入ってないので、ガサガサもしません。

一方、「前汗キャッチャー」は、タンクトップの形としてはぎりぎりまでしっかりと、わきをカバーしています。

実際に着て、暑い日に出かけてみると、わきに汗をかいたはしから、前汗キャッチャーの汗取りパッドが吸い取ってくれる感じで、洋服にしみだす心配はないと感じました。

その代わり、わきの下にがっつり汗取りパッドがあるので、フレンチスリーブを着たり、袖が透けた服を着た時に、「汗取りパッドが見えてしまうのはいや」という方にはむいていません。

また防水シートが入っているので、インナーだけ着た状態で、腕を動かすと、整理用ナプキンのようなガサガサした音がします。
わきをおおわれた感はあり、肩回りが窮屈に感じる人もいるかもしれません。

【セシール】汗取りパッド付トップス(前汗キャッチャータイプ)

【セシール】スマートドライ汗取りパッド付きノースリーブ(さらっと気持ちいい綿100%シリーズ)

棉100%でサラっとの着心地のよさ

上の写真が「スマートドライ汗取りパッド付きノースリーブ(さらっと気持ちいい綿100%シリーズ)」、下の写真が「汗取りパッド付トップス(前汗キャッチャータイプ)」、それぞれ裏返したところです。

汗取りパッド付トップス(前汗キャッチャータイプ)

スマートドライのほうはあまり凸凹なく、自然な感じですが、前汗キャッチャーは汗をキャッチすること優先で、汗取りパッドが大きいのが目立ちますよね。
汗じみ防止最優先の方には前汗キャッチャーがいいと思いますが、着ていて下着が気にならない心地よさを選ぶなら、スマートドライです。

スマートドライシリーズはともかく多機能。
吸汗、速乾、ドライ、接触冷感、遮熱、涼感が売りなので、汗をかくシーズンに比較的さらっとが長く維持されて着心地がいいです。

ストレッチ性もあるし、肌触りがソフト。特に新製品の棉100%タイプは、肌触りが優しくて、化繊は苦手なわたしの肌にも優しくて、安心できました。

なお、スマートドライにはこのほかに化繊割合の多いタイプ、キャミソールタイプ、半袖タイプなどいろいろあります。

【セシール】スマートドライ汗取りパッド付きノースリーブ(さらっと気持ちいい綿100%シリーズ)

Re:getA(リゲッタ) 5,000円(税込)以上のお買い物で使える!500円OFFクーポン