テレビ通販で話題のリゲッタはちょっと特別の履き心地

  • 投稿日:
  • カテゴリ:
リゲッタ

ジャパネットタカタやQVCなど多くのテレビ通販に登場して、どこでも話題を呼び、人気を集めているのが、「リゲッタ」の靴。
だいたい靴というのは「試せないのは不安」と通販では売れない商品だと思われてきたのに、リゲッタは通販で売れています。
それは一体、なぜ?

リゲッタはふつうの靴とは異なる特別な部分がたくさんあり、それが時間をかけて説明できるテレビ通販にぴったりだからでしょう。

リゲッタ

リゲッタの特徴1:下駄に学んだ形で理想の歩き方

リゲッタは、日本伝統のゲタの構造に学んだという爪先が持ち上がった独自の形をしています。この形のおかげで、スムーズに体重移動ができる理想の歩き方、かかとから着地して爪先から蹴り上げる「ローリング歩行」ができるんですね。

この爪先が上がっていることに、わたしは惹かれます。
交通事故の後遺症で左足の爪先が上がりづらいため、何度も爪先をひっかけて、顔から転倒しています。リゲッタなら、それが防げそう。

リゲッタの特徴2:足にかかる力を分散させる独自のインソール

リゲッタのインソール、つまり靴の中敷きは「ルーペインソール」と名付けられた特別のインソールです。土踏まずのところが上がっていて、土踏まずと靴のすき間を埋めてくれていますし、サイドからかかとをしっかり支えるヒールカップがあったり...
このルーペインソールの何がいいか?

たとえばわたしの足の裏を見ると、人差し指のつけねにタコができています。そこにばかり力がかかっているから。
それがリゲッタのインソールなら、足全体に圧力を分散させてくれるので、歩くときに部分的に力がかかることが少なくなり、足への負担を軽くしてくれるわけです。

リゲッタの特徴3:足の指先自由空間重視

歩くとき、足の指の動きって、とても大事なんですよね。
片足の指が自由に動かなくなった身なので、よくよくわかります。足を悪くするまで、歩くときに足の指がこんなにいろいろな役割を果たし、いろいろ動いてくれていることに気づきませんでした。

リゲッタは歩きやすさ、足への優しさを重視した靴なので、足の「指先自由空間」を作り、着地や蹴り出しを指先の動きでうまく行えるようにしてくれています。

リゲッタ

最初はデザインが少なかったリゲッタですが、最近はさまざまなデザインの靴が登場して、ビジネスなどのオンタイムから、日常のオフタイムまで、いろいろなシーンに使える靴が揃ってきました。

色もとても豊富で選ぶ楽しみもあります。

いまならお得に購入!

リゲッタ

Re:getA(リゲッタ) 全品送料無料キャンペーン リンクシェア レビュー・アフィリエイト

Re:getA(リゲッタ) 5,000円(税込)以上のお買い物で使える!500円OFFクーポン