勘違い!2021ヒートテック極暖は綿100%!?

ヒートテック極暖の表の表示「綿100%」だと勘違いします

先日、2021年の極暖ヒートテックに書かれた
100%コットン
の文字を見て、「綿100%」だと勘違いして、買ってきてしまいました。

ところが帰宅後、袋を裏返して、素材表示を見たら
53% 綿
42% アクリル
5% ポリウレタン

「えっ......綿100%はウソ!?

ヒートテック極暖の素材表示。綿はたった53%

再度、袋の表の表示を見直すと
「肌面
100%コットン使用」
と書かれていました。

でもねえ、別に二重構造ではないんですよ。
織り方で、肌に当たる側は100%コットンになっているのでしょうが......。

ふつうのホットコットでも綿95%

ベルメゾンのホットコットなら、ふつうのタイプでも
綿95%
ポリウレタン5%
で、 化繊インナーより+1.0℃暖か。
しかも価格はヒートテック極暖の2/3の価格で買えます。

さらに温かい、正真正銘の「綿100%」のホットコットだって、ヒートテック極暖とほぼ同じ価格で買えるのに......。

というわけで、「肌面」だけが綿100%のヒートテック極暖も買いましたが、わたしはホットコットを愛用します。

今年は、ふつうのホットコット、ブラ不要のモールドカップ付きと、綿100%でワイドリブのハイネックタイプと3種類も買っちゃいました。

ホットコット3種類

  • 投稿日:
ショップチャンネル