結婚式の女性の服装:チェックポイント

結婚式や披露宴に呼ばれて出席する際、服装を選ぶにあたってのチェックポイントはいくつかあります。
ここでは洋装の場合を紹介します。

結婚式・披露宴に出席する服装、洋装の場合のチェックポイント

1)結婚式のフォーマル度合い

教会のチャペルや神社などの宗教的な施設で行われる結婚式の場合は、肩や背中などの露出は避けましょう。

レストランウエディングなどでの人前式や披露宴なら、あまり気にしなくても大丈夫ですが、年配のご親戚などが多い場合は、やはり控えめの服装を

2)親族、友人など立場

新郎・新婦の親や兄弟などの親族、あるいは媒酌人など、結婚式の主賓側の場合は正礼装か、格式ばらない式でも準礼装。
上司など来賓として呼ばれた場合は準礼装。
いとこや友人なら、主賓側より目立たないように、格式が高くても準礼装、そうでなければ略礼装にします。

3)昼間か夜か、時間帯

昼間はスパンコールやサテンなど光る素材、レースなどの透ける素材は避けます。
夜は肩が出るなど露出が高いドレスもありですが、教会などではショールで肩をおおうなどして露出を避けましょう。

結婚式・披露宴に出席する服装のNG

1)花嫁さんとかぶる白やオフホワイトはNG

結婚式の場合、白は花嫁さんが着る色ですから、出席者は白やオフホワイトなど、花嫁さんと混同させる色は避けます。
色だけではなく、花嫁さんを引き立たせることを意識して、華やかさも少し控えめにしましょう。

2)ブラックフォーマルで地味はNG

ブラックフォーマルはお葬式を連想させるため、できれば避けましょう。

黒い服装をする場合は、大きめのコサージュや華やかな色のブラウスを合わせるなど、華やかさ、あでやかさを加えるようにする必要があります。

ショップチャンネル