壊れたアクセサリーが諭吉に換わるかも!?

■田中貴金属で衝撃の高額買取体験

田中貴金属の貴金属リサイクルシステム「リタナカ」

先日、朝、NHKを見ていたら、朝の情報番組「アサイチ」で、田中貴金属の貴金属リサイクルシステム「リタナカ」が紹介されていて、主婦が切れたチェーンなど、古いアクセサリー数点を鑑定してもらったら...

7万円以上!?

実はこの日の夜、わたしは田中貴金属の貴金属リサイクルシステム「リタナカ」を体験させていただくことになっていたので、断然テンションが上がりました!

田中貴金属の貴金属リサイクルシステム「リタナカ」



■いま金の価格は10年前の3倍!

基本的にファッションアイテムは、身につけた瞬間から、自分にとっての価値 は上がっても、世間での価値はなくなってしまいます。リサイクルショップに持って行っても、おおむね100円玉の世界...と思っていたら、実はいま...

貴金属は資産!

なぜなら、10年前の 2000年と比べて、

金は約3倍

プラチナは約2.5倍(1999年と比べると約3.2倍

銀も約3倍


この日の体験会の最初のイベント、節約セミナーの講師、和田由貴さんから、事前に「びっくりするくらい高値がつくよ!」と聞いていたので、けっこう本気モードで、アクセサリーを用意していたのですが、朝のNHKを見て、さらにテンションを高めて、体験会へ!


■精密機器が客観的、かつ正確に価値測定

田中貴金属の貴金属リサイクルシステム「リタナカ」の専門工具

田中貴金属の貴金属リサイクルシステム「リタナカ」では、あくまで買い取られるのは貴金属のみ。

宝石の買取はありませんし、買い取ったものをそのまま市場に出すわけではなく、溶かして貴金属の素材に戻して再利 用するシステム。

なので見た目で「なんとなく...」価値を判断することはありません。

まず特殊な専用工具を使って、宝石を外して、貴金属部分だけにした状態で、とても客観的に正確な測定器を使って、純粋に貴金属のみの価値を測定します。

■いざ、鑑定へ

田中貴金属の貴金属リサイクルシステム「リタナカ」で買取体験

わたしが持ち込んだのは、50年も前に、母が香港で買ったアメジストのペンダント。

通常は宝石を外して測定しますが、、今回はあくまで体験会。なので宝石は外しません。

担当の方が手に取り、まずは刻印をチェック。

わたしの持ち込んだペンダントには、「583」という刻印がありました。

昔から「K18」のようなKが入らない刻印の意味がわからずにいたのですが、実はこれ、K14のことでした。。

そもそも「K24」は純金で、「K18」は18/24、つまり75%の金のこと。そして、わたしの母のペンダントに刻印されていた「583」は58.3%を意味していて、14/24、K14のことでした。


■いよいよ測定!


20100709retanakaDSC02410.JPG

さず、そのまま、まずは蛍光X線検査装置へ。

これは金をはじめとする貴金属の純度を測る装置。

今回は刻印どおりのK14でした。
ま、喜ぶべきところですが...もっと純度が高いと思っていたので、ちょっぴりがっかり。

日本ではK18が主流ですが、ヨーロッパではK14が主流だと、このときにお聞きしました。



田中貴金属の貴金属リサイクルシステム「リタナカ」

次は重さを測ります。

おおっ!7.97g。
ま、宝石が大きいので、3gくらいは引かなきゃいけないけど...

鑑定の結果は

1万3728円!

ま、宝石分を引くと、1万円を切っちゃうけど...でも、すごい!

ちなみに隣の知人は、プラチナのアクセサリーで3万円以上という鑑定を受けていました。

壊れたアクセサリー、古ぼけたアクセサリーも、かなりうれしいお小遣いに換えられそう!

田中貴金属の貴金属リサイクルシステ ム「リタナカ」


ショップチャンネル