シミのレーザー治療は不要!?かづき クイックカバーリングペンシルUV

かづき クイックカバーリングペンシルUV

先日、かづきれいこメイクレッスンを受けたその日、思わずその場で予約注文したのが「かづき クイックカバーリングペンシルUV」。

まず、カバーリングファンデーションはかづき先生の「リハビリメイク」の経験から作り出されたファンデーションです。

わたしもシミなどを隠すのにコンシーラーを使っていますが、ファンデーションの下にコンシーラーを使うと、時間が経ったときに浮いてしまい、逆に目立ってしまうとか。
そこでファンデーションの上からも使え、厚塗り感なく、それでいながらしっかりとしたカバー力を持たせてあるのが、このカバーリングファンデーション。

ただ、不慣れな人には必要なポイントに上手にファンデーションを載せるのが難しい面もありました。
そこで新たに作られたのが、今春に発売された「かづき クイックカバーリングペンシルUV」。
スティックは初めてでも思い通りのポイントにしっかり塗れますよね。

先日のレッスンの際に使ってみて、わたしのような乾燥気味の肌にもなじむこと、肌に直接塗ってもヨレにくいこと、伸びが良いことなどを実感しました。シミや目の下のくま、ニキビ跡も、さほど厚塗り感なく、しっかりとカバーできました。

最近、周囲の友人たちの間で、シミのレーザー治療が流行っていますが、治療後、しばらくは日に当たってはいけないとかで顔をマスクでおおったり大変そう。お金も高いし......。

うーん、かづき クイックカバーリングペンシルUVがあれば、レーザー治療不要かも。

かづきれいこ make power shop - ディノス オンラインショップ

◆◇◆ 目次 ◆◇◆

  1. 3色を上手に使って、シミなど隠したいもの、しっかりカバー
  2. 目の下のくまやシミの隠し方

かづき クイックカバーリングペンシルUV

3色を上手に使って、シミなど隠したいもの、しっかりカバー

「かづき クイックカバーリングペンシルUV」は3色あります。どれか1本にしようかと思ったのですが、やっぱり3色ないと、足りないんですよね。だから3色買いました。

まずベージュ..はシミや傷跡などのカバー用。
オレンジは頬からこめかみにかけてのシミ用。カバーしながら血色をよく見せてくれます。
ライトオリーブはくすみや赤みのカバー用。目の下のクマや小鼻のくすみ隠しに活躍します。ハイライトとしても使えます。

基本の使い方は、ベースのファンデーションを塗り、フェイスパウダーまでつけて仕上げちゃった後につけます。つまり化粧直しにも使えるってことですね。カバーしたい部分にクイックカバーリングペンシルを塗った後、水で濡らしてから固く絞ったスポンジ、または指でなじませて、さらにフェイスパウダーで仕上げ。

応用編として3色を手のひらに取って、指で混ぜ合わせて使うというのも。
レッスンの際も、かづき先生が直接メイクされる際に、ふだんBBクリーム程度という方に、ファンデーションなしで、直接カバーリングペンシル3色を混ぜ合わせたものをファンデーション代わりに使われていました。
3色あると1本ずつで使い、さらに混ぜ合わせて、いろいろな使い方ができます。

かづき クイックカバーリングペンシルUV 目の下のくまやシミ隠し

目の下のくまやシミの隠し方

わたしが一番気にしているのは、目の下のくま、そして目尻のシミ。

上や下の写真は、友人が講師の先生にやっていただいているところを、写真を撮らせてもらいました。

まずライトオリーブをポンポンポンっと目の下につけます。
伸ばさないで、そのまま、次にオレンジを目尻まで、さらにベージュを上からオレンジと同じように塗って重ねます。あるいはオレンジなしでベージュのみでも。

この後、スポンジなどで伸ばしてフェイスパウダーで仕上げると、自然な感じに目元が明るく、シミが消えています。

ただ、わたしは目の下、目頭側にシワが多く、皮膚も薄いため、ここに厚く塗ると、シワが目立ってしまうので、目頭側は薄塗りにすることにしました。

でも、これで、いつも気になる目の下のくまが消えて、顔が断然明るくなりました。

かづき クイックカバーリングペンシルUV 目の下のくまやシミ隠し

アウトドア&フィッシング ナチュラム