ダウンウエアの元祖ブランドはエディ・バウアー

【エディ・バウアー】EB900フィルパワープラススカイライナーダウンジャケット

ダウンウエアは、いつ、どこで、どうやって生まれたか?
あなたは知っていますか?
詳しくは後述しますが、ダウンジャケットは1963年、アメリカで、エディ・バウアーが生み出しました。

その元祖ダウンジャケットがスカイライナー。最上級品質レベルの900フィルパワーダウンと、「赤外線吸収プリント」を施した裏地で、軽く、温かくなって、スカイライナーが復活しました。

あの元祖ダウンジャケット、エディ・バウアーのスカイライナーが、復活!

しかも、いまなら大幅にお得に買えます。
■2014.12.25まで...会員なら1万円以上の購入で10%OFF
※会員ログインして、購入時に特典番号「491」と入力後、「特典を適用させる」ボタンを押して割り引かれたことを確認しましょう。
■2014.12.25まで...2万円以上のアウター購入でマイクロフリース大判プレゼント
※会員ログインして、購入時に特典番号「4C」と入力後、「特典を適用させる」ボタンを押して割り引かれたことを確認しましょう。
■ギフト梱包無料サービスキャンペーン中!

■2014.11.6まで...EB900FPプラスシリーズが2,000円オフ
■2014.10.31まで...新規に会員登録して5,000円以上買い物すれば、送料無料

計算してみると、送料最大756円+2,000円に加えて、(メンズのスカイライナー27,000円-2,000円)×10%=2,500円。つまり今買えば5,256円もお得!

【エディ・バウアー】EB900フィルパワープラススカイライナーダウンジャケット背中

ダウンジャケット誕生物語。極寒の釣りで生死の境を彷徨って...

創業者エディ・バウアーは1920年、若干二十歳でシアトルにアウトドア用品のショップを開き、「自分で試してからでないと商品化しない」という信念の元、さまざまな商品を生み出していました。

あるとき冬にフィッシングに行き、低体温症で生死の境を彷徨うことに...。
なんとか生還した彼は、冬に釣りに行くのをやめる代わりに、極寒の中でも温かく釣りができるウエアを創ろうと考えました。

ヒントは極寒ロシアのコサック兵の体験

思い出したのは、ロシアの元コサック兵だった叔父から聞いた羽毛(ダウン)の防寒性の話でした。
しかし、ダウンをジャケットに仕立てようとしても、ジャケット内のダウンが下へ寄ってしまいます。体にまとおうとしても、羽毛は偏ってしまいます。悩み、試行錯誤した末に、菱形にキルティングする方法により1936年に生まれたのが、初めてのダウンウエアです。

1939年にはその製法を特許申請し、1940年特許が認められ、後に「スカイライナー」として看板商品のひとつとなりました。

いまではさまざまなメーカーが作り出し、冬の定番のウエアとなっているダウンウエアですが、それを生み出したブランドはエディ・バウアーです。

あの元祖ダウンジャケット、エディ・バウアーのスカイライナーが、最上質レベルの900フィルパワーダウンと、「赤外線吸収プリント」を施した裏地で、軽く、温かくなって、復活!しました。

【エディ・バウアー】EB900フィルパワープラススカイライナーダウンジャケット サイド

初出:2014.10.22 更新:2017.1.24

meeco(ミーコ)‐三越伊勢丹のコスメ通販