ヒートテックほか防寒インナー比較最新ランキング(2014年12月号)

LDK2014年12月号機能性インナー(防寒インナー)比較記事ホットコット  

テストする女性誌「LDK」LDK (エル・ディー・ケー) 2014年 12月号 [雑誌] で、お値段以上のプチプラ服のランキング企画があり、そのひとつとして、機能性インナー、発熱する防寒インナーの比較が行われていました。

比較されたのはユニクロのヒートテックUネックT(8分袖)、トップバリュのピースフィット8部袖えり広め、ニッセンのウォームコア吸湿発熱8分袖インナー、ベルメゾンの極上ホットコット(綿100%ホットコット)発熱綿クルーネック長袖インナー、セブンプレミアム/イトーヨーカドーのボディヒーター婦人7分袖シャツ、ワコールのウンナナクールぽか太郎7分袖シャツの6点でした。

このラインアップを見て、ちょっとセレクションが変だなと感じました。
ベルメゾンの極上ホットコット(綿100%ホットコット)は「保温性では絶対的1位問題は価格だけ」とされていましたが、このラインアップならレギュラーのホットコットで比較すべき。極上ホットコット(綿100%ホットコット)だったため、保温性は圧倒的有利である一方、価格では圧倒的不利になっています。

ワコールも、「吸湿発熱はトップの実力」とされながら、「値段に見合った品質。でもその値段が...」と価格で評価を下げられていますが、ワコールは価格で勝負していない、最初から品質先にありき...なので、プチプラ服に並ぶこと自体がおかしい感じ。

というわけで総合順位はあまり意味がなく、保温性や吸湿発熱力などそれぞれのポイントでの比較のほうが意義が感じられました。それにしてもヒートテックはどの点でも平均点でした。

 ▼ ▼ ▼
■〈ウォームコア〉綿混吸湿発熱8分袖インナー2枚組
■【ベルメゾン】綿100%ホットコット(極上ホットコット) icon
■【ワコール ウェブストア】ワコール ウンナナクール 【LuncH】ぽか太郎 半袖シャツ BL
■【ワコール ウェブストア】ワコール ウンナナクール 【LuncH】ぽか太郎 半袖シャツ RP
■【ワコール ウェブストア】ワコール ウンナナクール 【LuncH】ぽか太郎 長袖シャツ BU
■【ワコール ウェブストア】ワコール ウンナナクール 【LuncH】ぽか太郎 長袖シャツ ME
■【ワコール ウェブストア】ワコール ウンナナクール 【LuncH】ぽか太郎 長袖シャツ PI
■【ワコール ウェブストア】ワコール ウンナナクール 【LuncH】ぽか太郎 長袖シャツ RP
■【ワコール ウェブストア】ワコール ウンナナクール 【LuncH】ぽか太郎 長袖シャツ YE
■【ワコール ウェブストア】ワコール ウンナナクール 【LuncH】ぽか太郎 7分袖ウィンタム RP

◆◇◆ 目次 ◆◇◆

  1. 保温性ナンバーワンは極上ホットコット
  2. ちら見えゼロのトップバリュのピースフィットが高評価
  3. ニッセンのウォームコアは最安ながら優秀でコスパナンバーワン
  4. ワコールのぽか太郎は吸湿発熱1位
  5. ヒートテックはすべて平均ていど

極上ホットコット

保温性ナンバーワンは極上ホットコット

極上ホットコットは保温性が29.6%でダントツの1位。2位のトップバリュ/イオンのピースフィットは24.0%、3位のヒートテックは23.90%、最下位ワコールのウンナナクールぽか太郎が22.3%と、2位と最下位はは1.7%差という団子状態なので、2位に5.6%差をつけた極上ホットコットのダントツ差が際立っています。

ちなみに保温性は試験期間で、高温熱板36度の上にインナーを2時間置いておいて、何も置かなかった場合との放熱された熱量の差を調べて出された数値です。

吸湿発熱はトップよりも0.5度の差で、ヒートテックも含めた下位3つが同じ数字でした。洗濯の際引っ張って直せば直りますがよじれやすいこと、価格が高いことが弱点です。

襟ぐりは小さめで外から見えてしまいますが、チラ見えしてもいいデザインが主流です。

綿95%の着心地も高評価でした。

ちら見えゼロのトップバリュのピースフィットが高評価

保温性が2位、吸湿発熱は3.9度で3位ながら、1,000円でお釣りがくるのに、洗濯による劣化が少なく、「えり広め」を選べば、えりからのちら見えもありません。

ニッセンのウォームコアは最安ながら優秀でコスパナンバーワン

ニッセンのウォームコアの吸湿発熱は4.0度で2位。上に何かを羽織った瞬間に暖かさを実感できるとか。1位のワコールのぽか太郎が最高値の2,592円であるのに対して、ニッセンのウォームコアは最安値の1枚あたり716円(3枚セットの価格を枚数で割った場合)。

保温性は22.4%で5位ですが、2位のトップバリュのピースフィットとの差は1.6%に過ぎません。洗濯してもほとんど型崩れせず、襟ぐりも広めでチラ見えしません。

かなりよさげだったので、わたしもウォームコアを頼みました。正月明けに届くのが楽しみ!

 ▼ ▼ ▼
〈ウォームコア〉綿混吸湿発熱8分袖インナー2枚組

ワコールのぽか太郎は吸湿発熱1位

ワコールのぽか太郎は、吸湿発熱は4.2度で1位ながら、保温性が22.3%の6位と少し残念。

洗濯してもヨレず、チラ見えせず、極薄で服にも響かないなど、さすが下着メーカーの極上品質です。

ヒートテックはすべて平均ていど

「発熱する肌着」としてこの分野の機能性インナーを世に知らしめた立役者ヒートテックは昨年の「MONOQLO」の商品テスト結果に続き、今年の「LDK」でも「あったか押しするほどすごい効果はありませんでした」と残念評価。

吸湿発熱は3.7度で4位、保温性は23.9度で3位、襟ぐり狭くてバッチリ見え、選択テストでは色落ちと型崩れも少々したそうです。

なお、セブンプレミアムのボディヒーターは吸湿発熱も保温性も4位で、襟もチラ見え、洗濯してもフィット感が変わらぬこと以外はいまいち。

初出:2014.12.20 更新:2015.12.29

ショップチャンネル